地球に優しくしよう{温暖化はどんどん進んでいる}

電球を手に取る人

工場と省エネ対策

工場における省エネ

二酸化炭素の削減や地球温暖化防止などの意識の高まりから、省エネを意識した企業活動が行われるケースが増えている。企業活動にもあり、業種などにより対策は異なってくるが、それらのうちの1つとして工場における省エネがある。工場では、製品などを生産するために多くの電力を使用している場合が通常であり、少しの省エネ対策でも全体として大きな削減量に繋がるケースもある。 工場における省エネ対策では、まずは電力などの消費傾向の分析から行う必要がある。それらの分析の結果から、効率的な削減活動を行っていくことが重要になっている。 省エネ活動には様々な方法があるが、それらの1つとして太陽光パネルの導入などがあり、コストは対策により大きく異なってくる。

対策とその特徴

工場における省エネ活動の特徴として、いくつかのことがある。まずは、照明や空調など必要な個所のみに絞り、使用していないエリアでは、照明や空調を落とすということがある。 また、工場では生産設備に大きな電力を必要とするケースもあり、これらにおいては、生産設備を生産に必要な分のみ稼働させるなどにより、省エネ対策が行われるということもある。 その他としては、設備を刷新することで省エネ化を進めていくということもある。太陽光パネルの導入により、一部の電力をまかなうようにすることや、省エネ性能の高い設備に切り替えていくなどにより、省エネ対策が行われるケースもある。 いずれも、どの部分に多くの電力を使用しているかの分析が重要になる。